八幡の家 石清水八幡宮の裏手に位置する橋本の地は 丘陵地の地形にある大型住宅地の一角 近くを流れる木津川の大きな流れとなだらかな地形は 自然と空気を対流させほどよく住環境を整えてくれる 敷地は南に間口が広く、周囲より地盤面が高く、 道路からの視線は遮られ開口部の配慮には 採光優先で計画できた。 建物中央部に吹き抜けを造り、 二階フリースペースの床を配置することで 日射をリビング床面に 直接落とし込まないよう工夫した。

【参考資料】
建築面積 63.80㎡
延床面積 119.00㎡
敷地面積 150㎡
規模 地上2階構造 W
居住家族構成 夫婦+子供1