琵琶湖の景色が美しい旧志賀町の別荘地に建つ家。建物から見る景観のよさを周囲への配慮とし、構造は木造平屋建。
リビングとロフトから琵琶湖を眺望できるプラン。使用部材はできるだけ自然素材を用い、構造の丸太梁を出し、
ロフトとつながる誕生を勾配として、平屋であっても広々としたリビングキッチン空間を家族生活の中心としてます。
また余計な設備機器はもたず、構造的にはしっかりと。雄大な比良山系の麓に、自然と共存し明るい空間で伸び々と
家族3人が生活する家です。

【参考資料】
建築面積 74.52㎡
延床面積 72.87㎡
敷地面積 229㎡
規模 地上1階構造 W
居住家族構成 夫婦+子供1